2008年4月 5日 (土)

引越し終了!

いや、まだ作業中ですけど。でもいちおう移動は無事終了。あとはしばらくかぜひかないように気をつけて、インドに行くだけよ♪その前にデリーのアシュラムに予約確認をしなければ。

今回の引越しは信州→金沢への引越しよりずっと余裕があったので、引越し初日からお祭りに行ったりしてきました。どこに引っ越したかはそのうち写真を撮ってから紹介します。たぶん。カメラを使うのがどうも苦手で。

昨日は街の中心にある公園に俳優の沢村一樹さん(だったかな?)がやってきて、時代劇の格好で何かイベントをやっていたのですが、この人舞台の上でもホントに屈託なく笑っていて、こっちまでなんだか楽しくなってしまう人でした。

祭りの後デパ地下に行き、中身をよく確かめずに焼きおにぎりみたいなのを買って食べようとしたら、なんと中からゆで卵が!おにぎりからゆで卵が出てくるなんて初めての体験です。しかも黄身がうまい具合に半熟。おいしかったけどなんか違和感あり。

明日は同じく俳優の萩原流行が来るらしいけど、さすがにそんなに祭りに行ってる暇はないのでもうウロつくのはやめておこう。どうもウロつきだすと際限なく寄り道をしてしまいます。お祭り会場には屋台村ができていて、バングラデシュの人がチキンビリヤニ売ってたりしてなかなか国際的。

ANANDA ecoyogaのショップは4月中お休みをいただいております。

ANANDA ecoyoga http://homepage2.nifty.com/

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

鎌倉時代の短歌

引越し作業の合い間にご挨拶に行った先で、鎌倉時代に書かれた短歌の軸をみせていただきました。

去っていく遊女に鎌倉時代の公家が詠ったもので、「去りゆくあなたの涙が流れた川に舟を浮かべて・・(後半忘れてしまった)」という内容でした。おそらく遊女を呼んで宴会か何かをしたあとに、その場でさらさらと書いて遊女にもたせたものだろうとのこと。

すごいなあ、何でも歌にしてさらりと書ける。またそれが掛け軸になってお茶室にかかっていても見るに耐えるほどの味がある字。しかも酔っ払って書いたのか、字に間違いがあってそれを塗りつぶして消してあったりして実にリアルです。眺めていると、はるか遠い昔のある夜の出来事がふと身近に感じられてしまいます。

その時代の公家さんなんぞ歌くらい詠める教養がなければやっていけなかったんでしょうが、中には公家のうちに生まれたものの、そういう才能がさっぱりない人もいたでしょうねえ。そういう人はどうしてたんだろうか、と心配になってしまいました。が、歌会というものはあらかじめお題が出されていて、用意してきた歌を詠むというものだったらしいです。ああよかった。できの悪い人にはきっとできのいいお付きの人がいて、ちゃんと代わりに歌を作ってくれたんでしょう。世の中うまくできている。

スワミ・チェータン ヨガマニュアル販売してます。

ANANDA ecoyoga http://homepage2.nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

金沢お茶席

金沢はお茶が盛んな土地で、あちこちで和服を着て歩いている人を見るし、お茶会もよくあります。

せっかくこういう土地に住んだのだから、お茶を習おう・・・と思っていただけで習わずじまいだったので、せめて引っ越す前にお茶席だけでも一度参加しておこう、と焦って行ったのが21世紀美術館のお茶室でのお茶の会。

人づてに券を取ってもらい、あっという間に売り切れたというチケットを入手。

わたしはお茶を習ったことがありません。お茶席って、お茶立ててもらってお菓子をいただく会だと思ってました。いや、もちろんそういう会なんですけど。。。

しかし、金沢人にとってはお茶の作法は常識らしい。まず着物の人が半分以上。洋服の人も足袋代わりに白い靴下。そして荷物はきちんと風呂敷に包んですみっこへ。風呂敷なんか持ってこなかったわたしの荷物はどんなに小さくまとめようと思っても、風呂敷包みほどコンパクトにまとまらない。うう~恥ずかしいよ。

たまたまお茶の知識のある友人が一緒に来てくれたからよかったようなもんの、彼女が来なかったらわたしどうなってたんだろう?と後から何度思い出しても笑ってしまうお茶会でした。「anandaさんお懐紙は持ってきた?」と聞かれて「え!何かお返しがいるの?」と本気で言ってしまったし。

友人に小声でずっとお作法を説明してもらいながら、かしこまってお茶室に入ります。一番奥の席はいろいろお道具のことなど聞いたりする人が座る席だそうで、知らずにわたしみたいな無知な人が座ったらどうなるんだろ?と疑問に思いつつ末席に座ります。

例の奥の席に座った人がお茶会の主人とお話されるのを聞いていると、まずお茶菓子が運ばれてきました。キレイな菜の花の形をしたお菓子。お話が一段楽したところで、おもむろにみなさん懐から紙と楊枝を出し、お菓子を一つずつとり始めます。お菓子を取るときにもちゃんと左右の人にご挨拶。

え~!お懐紙と楊枝持参なんて、チケットのどこにも書いてなかったじゃないのよ~なんて思ってるのは絶対わたしだけ。もうお茶を楽しむどころか、緊張と好奇心でキョロキョロしてしまいます。

でも、お菓子を一口食べてびっくり。これはおいしい和菓子だった。「よし橋」というところのお菓子だと聞いたけれど、よもぎの香りが鮮烈で、よもぎ、菜の花→春・・・と自然に季節に思いが巡ります。すごいなあ。日本の季節の表現って、繊細。

甘いものはあまり好きじゃないんだけど、このお菓子はおいしかったです。その後のお茶も。儀式みたいにお茶をたてているのに最初見入っていたけれど、おいしいお菓子で季節を感じて少しリラックスし、その場全体を楽しむことができました。ほんの短いお茶会だったけど、行ってよかった。

スワミ・チェータン ヨガマニュアル販売してます。

ANANDA ecoyoga http://homepage2.nifty.com/


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月31日 (木)

能登の旅

冬の北陸・・・と言えば、やはり荒れる日本海、吹き付ける風、激しく降る雪でしょう。あ、海の幸も。

演歌のような波が白く泡立つ激しい冬の日本海がどうしても見たかったのと、海が見える露天風呂に入るという目的で、能登半島に旅行に行ってきました。

どこかいい宿ないかなってことで、適当にネットで探し、何となく気になった宿が一軒だけ。とにかくここには海を見渡す場所に露天風呂があるらしい!部屋から海が見えるらしい!!ごはんがおいしいらしい!!!もうここしかないわ~と確信し、行ってきました。

まず、出発の日は冬の北陸にはめずらしい快晴でした。能登半島から向かいの富山の立山連峰を見渡すことができました。美しいです。でも信州の家の窓からのとそっくりな景色だったな・・・。

そして目指す宿はは能登町にあります。富山湾側です。と書いたらわかる人にはわかるでしょう。内海で波が立ちません。日本海側で唯一定置網が仕掛けられる場所だそうです。波がないから。。。

思い出してみたら、行く前に「あの、そこは富山湾で波は立たないかも・・・」と人に何度も言われてたけれど、頭の中は荒れる日本海でいっぱいで、右から左に聞き流してました。部屋から見えるのは、凪いだ内海と立山連峰。これはこれでいいけど、予定とぜんぜん違う。

とどめに期待の露天風呂は、冬季はやってませんでした。。。うう、予約したときに聞けばよかった。しかたなく近所の温泉の露天風呂に行ったら、定休日。おそろしくついてません。

で、ここに来て後悔したかと言うと。
ゴハンがおいしかったしいい宿で、納得したのでした。
そんなに豪華絢爛なものが出てくるわけじゃないけれど、刺身はおいしいし、囲炉裏で焼いた魚も五平餅みたいなのも、おいしい。一つ一つ、どれも体にしみこむ食べ物でした。あとで聞いたら、いしりも野菜も何でも全部自家製らしいです。お料理上手なんです。料亭の味じゃないけど、すごく上手な家庭料理を食べさせてもらった感じ。

ちなみに、ここは掃いて捨てるほどたくさん雑誌に紹介されてる有名な宿だったらしいです。知らんかった。おいしんぼという食べ物漫画にも登場してるし、ビックコミックに連載されてる料理漫画にも出てきてました。クレアやらフィガロやら、ありとあらゆる雑誌がおいてあって、それで全部紹介されてます。ここまで来ると、雑誌の取材も手抜きに思えます。いくらいい宿でも、どう考えてもどこかの雑誌が取り上げたのを読んで、ワタシもオレもと取材に行ったようにしか見えない。

しかしそういうこととは関係なく、宿はマイペースでやっていて、とってもいい感じでした。客あしらいよく、おじさんとのおしゃべりも楽しくて、景色もよし。荒れた海は見られないけど、冬じゃなければ海を見渡す露天風呂だってあります。冬じゃなければね!

こういう宿は秘密にしとかなきゃつまらない。

ヨガマットセールやってます。
スワミ・チェータン ヨガマニュアル販売してます。

ANANDA ecoyoga http://homepage2.nifty.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

金沢礼賛

金沢は関西圏です。ながらく信州に住みながら、完全に関西弁で通してきたわたしにとっては、関西弁をしゃべってもぜんぜん違和感のない安心の土地(信州で関西弁は目立つ)。
と思ってたら、近所のおばちゃんに、あんたはものすごくしゃべり方が違うので、すぐによそ者だとわかるよ、と言われました。違和感がなかったのはわたしだけらしい。信州弁に比べたら、金沢弁は限りなく関西弁に近いんですけどね。

それでも金沢は、小京都とも言われるだけあって、わたしのふるさと京都と似たところがあり、暮らしやすい場所です。
近江町市場も、最初はどこで何を買っていいやらわからなかったけど、だんだんと馴染みのお店ができてきて、魚屋のおにいちゃんたちにも観光客とはちがう声のかけられ方をするようになり、市場の中で「いつも来る人」になってきました。
こういう、馴染みの場所というのはいいもんです。郊外のスーパーの買物ではぜったいに発生しない地域とのつながりです。

それにしても、金沢市内にもジャスコがあちこちにできてるけど、日本中どこに行っても同じ殺風景な郊外の風景を作り出しているこういう巨大なスーパーやショッピングセンターは、地域や地方を破壊してます。こないだ内灘にできた海岸のすぐ前のショッピングセンターなんて醜悪。便利を過剰に追求すると文化が廃るなあ。内灘の海岸を見に行ったときに海岸の前に鎮座するジャスコを見たショックと言ったら・・・こんな商売のしかたして、そのうち天罰が下るに違いない、というか、そうであって欲しいと願ってしまった。

日本全国どこまで行ってもまるで同じ。ジャスコとマクドナルドと電気屋とホームセンターとファミレスが同じ景色を作り出して、しかもきれいじゃない。こんな風景を毎日見てたら、美的感覚がどうかしちゃいます。いつも通りがかりに家々の並ぶきれいな景色が見られる金沢、いつまでも変わらず街の風景が守られますように。

スワミジ・セレクト☆ヨガ音楽&マントラCDこちら

ANANDA ecoyoga  http://homepage2.nifty.com/namaste/
天然ゴムと麻でできたヨガマット!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

久しぶりに金沢食い倒れ

このところブログをさぼりすぎだったので、いろんな人からいろいろ言われました。がんばって書かねば~。続けるってむずかしい。特にわたしは人並みはずれて飽きっぽいので、インド旅行記2もまた途中で終わっちゃったし・・・また急に始めたりするかもしれませんが。

冬が苦手なのはついこないだも書きましたが、どうも思考パターンが悲観的になり、最近は日記を書いてもボツが多い。しばらくそんな調子でしたが、今週になってやっと復活してきたような気がします。

さて、11月の連休中は、信州のヨガ仲間が遊びに来て、まったくヨガをしないで食べまくってました。ヨガをする約束だったのに、いつもおなかがいっぱいでけっきょく一度も一緒にやらず。困ったもんです。

それにしても、やっぱり金沢はおいしい。
お寿司食べて、フランス料理食べて、加賀料理で殿様になって、ステーキハウスにも行って(スワミジには内緒)、ケーキ屋さんに行って、って食べすぎでしょう。

お寿司は蛇の目寿司本店に行ってみました。平日だとサービスランチがあり、ここのランチはとってもお値打ちだと思います。わたしなんて山暮らしが長くてお寿司には口が肥えてないから、ここので感動しちゃいます。10貫で千円だし(休日は8貫1200円~)。良心的な価格だし、わたしはかなりおいしいように思うんですけど、いつもワリとすいてるので、金沢の人はもっとおいしいところを知ってるのかな?でも21世紀美術館にも近いし、観光客にはおすすめです。

ケーキは、前から気になっていた109裏のせせらぎ通り沿いにあるサン・ニコラスだかセント・ニコラスだかいう名前のチョコレートとケーキのお店。内装かわいかったしケーキもおいしかった。やっぱりこういうかわいい店は女同士で行くに限ります。男性はデート以外では行けなさそうな店でお気の毒。男は損ですね。

ステーキハウスは、犀川沿いにあるステーキにしむら。ここも1,000円からランチがあって、めっちゃお値打ちです。関西人だから、お値打ちが好きです。それにしたって、目の前でコック帽のおじさんが焼いてくれるステーキにサラダと一品・ごはん・味噌汁・コーヒーとアイスまでついて1,000円はすごい。ヒレステーキにしたって1,800円ですよ。ここは平日も休みも関係なくランチやってます。夜はそれなりに高いけど。犀川が見える窓際の席がすてき。

こうやって書いてると、安いところばっかり行ってるようですが・・・高めのところでおすすめがあんまりないんですよね。値段ほどじゃなかったりとか。

後は前にも書いたビストロユイガ、それに加賀料理の杉の井、そして近江町市場に行って、ぴかぴかのカンパチを買い、自分でおろしてお刺身とカルパッチョとカマ焼きとアラ汁に。
自分で料理しておいてから、こんな大きくてきれいな魚が、海でスイスイ泳いでたのに網につかまって魚屋に連れてこられ、ウチで分解されて・・・と思うと悲しくなってきました。
魚の顔を思い出しながらこの数日の過剰な飲食を反省。おいしかったし楽しかったけど、こんなことしちゃいけないね。体も気持ち悪いし。でもちょっと太って顔がふっくら。われながら健康そう。

このところ寒くて天気が悪かった金沢ですが、連休からいきなり予報が外れて晴れて暖かくなり、信州からやってきたYちゃんは、きっと金沢はこんな気候だと思い込んだでしょうが、普段は雷とアラレと雨が交互にやってくる恐ろしい天気です。

スワミジ・セレクト☆ヨガ音楽&マントラCDこちら

ANANDA ecoyoga  http://homepage2.nifty.com/namaste/
天然ゴムと麻でできたヨガマット!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

金沢のお気に入り・非お気に入り

このところプライベートなことしかしてないので、話題がありません。ワークショップ報告は書いてみたもののまとまりがなく・・・。そんなわけで、今日は金沢のお気に入りなどなど。

最近行ってみたのは、近江町近くにある料理屋「たかむら」。ここはまあ、居酒屋というか小料理屋というか割烹というか・・・そんな感じのお店です。ごく普通のお品書きですが、どれも上手にしてあるし高くないし、まともま商売してますって感じで、地元の常連さんがいっぱいです。良心的なお店なので気に入ってます。

それに対して、非お気に入り店(お気に入りにアラズ)。近所にある「よふ葉」というバーに入ってみたのですが、古くて照明が異常に暗い店内で、飲み物を二人で一杯ずつ頼み一時間もしないうちに出たら、お勘定3,800円だって!どこがどう3,800円なのよ~?文句タラタラ。飲み物の値段は確かに700円~としか書いてなかったけど、どこがそんなに上等なんだろ。一緒に行った人は「雰囲気を売ってるんじゃない?」と言いますが、そんな霞みたいなもん買えないなあ。だいいちどう考えても普通の家だったぞ~(暗いことを除けば)!

そしてまたお気に入りなのが、通りがかりに入った加賀料理の杉の井。ここは殿様気分(けっして姫気分ではない)になれる料理屋さんです。治部煮という名物料理が好きです。しかしこれが今ひとつ何でできてる のかわからない。けっこう味の濃い、一見味噌汁のような煮物です。しいたけと昆布のダシの味がするけれど・・・。だいたい生麩やすだれ麩というのが入って いるらしいです。お刺身は、金沢では白身を〆て食べることが多いようで、アラメという魚を昆布ジメにしたのと、イカのおいしいのがでてきました。
お昼のレディースコースは、この店の名物黒蜜葛切りもついて3,000円也ですが、サービス料と席料がついてけっきょく4,000円也。でもこちらはくつろげたしおいしかったし納得。通りがかりの思いつきで豪勢なお昼でした。

金沢のパン屋さん。これはあんまりいろいろ買ってません。なぜかというと、よく通りかかるところにある本多町「ボナペティ」というパン屋さんがすっかり気 に入ってしまったから。ここは不思議な店で、朝じゃなくて夕方遅くに食パンが焼きたてだったりして、いつ行ったらパンがあるのか今ひとつつかめ ない。
そしてわたしがいちばん好きなのは、雑穀パンというやつなのですが、これが人気がないとかで、店になかなか出ないのです。毎回「白食パンじゃなくて雑穀 パンか全粒パンください」とリクエストしては玉砕していたのですが、最近はわたしがうるさく言うせいか、ときどき雑穀パンを焼いてくれます。でも数が少ないの でなかなか買えません。ここのデニッシュもかなりおいしい。

そして金沢のケーキ屋さん。ケーキに関しては、ずっと住んでた長野がひどく不毛地帯だったので、今は何でもおいしく思えちゃいます。なのでアテになりませんが、玉川図書館の近くにあるDOLCEというケーキ屋さんがおいしいです。きっともっと他にもあるんだろうけど、ここのタルトはけっこう職人技だと思ってます。

そんなわけですっかり食欲の秋。
近江町市場はカニ解禁になって以来カニ一色です。なぜかあんまりカニに興味が湧かず、カキやホタテを買ってるけれど、せっかくだから一回くらい食べてみたいと思います。

なんともとりとめのない日記でした。

スワミジ・セレクト☆ヨガ音楽&マントラCDこちら

ANANDA ecoyoga  http://homepage2.nifty.com/namaste/
天然ゴムと麻でできたヨガマット!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

コラボン☆スミレ研究所

 金沢市表参道にあるカフェギャラリー『コラボン』にて、スミレ研究所代表金井三和さんの個展が行われています。観光がてら観に行ってください。8月25日まで。めっちゃかわいい作品たちです。コラボンのコーヒーもうまいです。

 安曇野在住時からのお友達であるカナイミワちゃんは・・・なかなか不思議な女性です。搬入のときはウチに泊まりにきてましたが、超マイペースです。完全に自分のペースで動いてます。すぐペースを乱されがちなわたしは、マイペースな人にちょっと憧れがあります。

 ウチはかなり客が多いので、いい加減客慣れすればいいのに、と自分でも思うけれど、人が来るとつい人に合わせて行動してしまう。そして、もともと協調性があるわけではないので、ちょびっと疲れたりするわけです。
 いや、こないだから遊びに来てるあなたたち(もし読んでたら)のことを言ってるワケではありませんよ~!ちゅうか、来客にはかなり楽しませてもらってます。自分ちにいながらにしていろんな人に会えるし、新しい考えやら思考やらに触れられるし。

 しかし、お客さんが多いからこそ、自分のペースを保つというのは大切だなあ、と思いました。そして、見事なまでにマイペースを保っているスミ研さんには、ちょっと尊敬の念。すてき。

 こんなことを書いていると、わたしが客人をすごくもてなしてるように思われそうですが、実際は、「そこに豆とコーヒーミルがあるから自分でコーヒー入れて」と言っていたり、酔っ払って寝たら、翌朝台所から何から全部片付いていたり(これは毎回)します。朝ごはんも晩ごはんも、客に作ってもらってたりもします。あれ?ほとんどもてなしてないような気がしてきたわ。いやいやでも、たまにはもてなしてますよ。たぶん。

☆スワミ・チェータン ヨガワークショップ2007☆ のお知らせ。

スワミジ・セレクト☆ヨガ音楽&マントラCDこちら

ANANDA ecoyoga  http://homepage2.nifty.com/namaste/
天然ゴムと麻でできたヨガマット!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

ハヴァナ

Cimg4817  前回書いた穂高養生園でのハバナの写真です。浄化の儀式。スワミジの発音では「ハバナ」または「ハヴァナ」と聞こえるけど、ネットで検索するとハワナで出てきます。護摩焚きのようなことをする浄化の儀式です。

 こないだも書きましたが、司祭さんのドルーブ氏のチャンティングは素晴らしいです。インドでも彼のプジャに何度か参加しましたが、お経なんて興味ゼロだったわたしもでも、おなかに(心に?)響いてくる音でした。
 他の司祭のプジャもたくさん見ましたが、ドルーブ氏のような真剣なプジャには当ったことがありません。
 彼は、他の司祭さんより一段上の、アチャリヤという資格を持っていて、司祭さんたちの先生だそうです。インドで別のスワミが、「彼はサンスクリットのマスターだけれど、そのことをまったく鼻にかけず、とても謙虚で穏やかな人だ」と言っていたのを思い出します。・・・そもそも、インド人って謙虚な人少ないよなあ。日本人にとっては、謙虚であることはけっこう当たり前なんだけれど。

 さてさて話変わって、涼しかったのがいきなり真夏日になった金沢。4日(土)には、前週に引き続き花火大会がありました。2週続けて花火を見てしまいました。ウチの近所の河原からよく見えます。ちょうど花火大会のときに金沢旅行に来てたら風情があっていいだろうな。

 花火の前には腹ごしらえ。金沢食い倒れとか近江町日記とか、このところ全然書いてないけど、ちゃんと続けて行ってますよ。
 今回は金沢でフレンチ。知り合いおすすめのビストロ・ユイガに行ってまいりました。予約して行かなかったら、最後の一席でした。次回からは予約しなきゃ。
 お料理は・・・比較的シンプルだけど、丁寧なつくりでおいしーい。何より店の雰囲気が最高。3000円のプリフィクスで、お魚の前菜盛り合わせとお肉の前菜盛り合わせ、それにメインが出てきます。前菜の種類が豊富で、口が大満足します。ワインも、サンテミリオンを小さいデカンタで出してもらったのですが、しっかりしておいしかったし、アラカルトで頼んだリードヴォーときのこの焦がしバターソースは濃厚で、暑さで疲れた体が一気に元気になりました。パテやテリーヌも、いろいろ種類があります。「大人」のデートに最適です。

 久しぶりにフレンチを食べながら、以前よく行った銀座のシェモアというフランス料理屋さんを思い出しました。ビルの建て替えか何かで閉店になってしまって、本当に残念なのですが、あそこはもう、毎回うなるほどおいしかったです。お料理もそうですが、デザートがすごかった。何年も前に食べたのにいまだに思い出す、マロンクリームのミルフィーユ。焼きたてのパリパリのパイに、マロンクリームとコーヒークリームを交互にはさみ、上にはカラメルで作ったくもの巣のような細かいアメ。熱いパイと冷たいクリームと、マロンにコーヒーの苦味が、信じられないくらいぴったりと合っていました。
 東京に行ったときのお楽しみの一つだったのに。。。お店がいつか再会されることを祈ってます。

 豪勢なフレンチとは別に、近江町では最近よくサワラを買ってます。刺身にもできる新鮮なサワラを一尾丸のままで買い、三枚におろして切り身にして、味噌漬けやらみりん漬けにしてます。これはうまくて安いです。頭と骨は潮汁にします。ほんとに、金沢はおいしいものがいっぱい。海のそばはいいなあ~!

☆スワミ・チェータン ヨガワークショップ2007☆ のお知らせ。

スワミジ・セレクト☆ヨガ音楽&マントラCDこちら

ANANDA ecoyoga  http://homepage2.nifty.com/namaste/
天然ゴムと麻でできたヨガマット! 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年7月31日 (火)

おはぎのたにやが~

 金沢食い倒れで書いていたおいしいおはぎの「たにや」さん。こないだ前を通りかかったら・・・・「ない!」。 建物ごときれーになくなってました。おはぎはどうなったの?ひっそり続いているお店が好き、って書いてたのに~悲しいわ。

☆スワミ・チェータン ヨガワークショップ2007☆ のお知らせ!

スワミジ・セレクト☆ヨガ音楽&マントラCDこちら

ANANDA ecoyoga  http://homepage2.nifty.com/namaste/
天然ゴムと麻でできたヨガマット!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧