2012年8月10日 (金)

また信州

しつこく信州。夏の信州は天国。

今回は高山村の雷滝に行った。
ゴーっと雷鳴のような音を立てて落ちる水、
しかもその滝の内側に通路があり、
なかなかめずらしい裏見の滝。
すごい迫力!!!なんだけど・・・・

Cimg8434

写真がヘタでさっぱり迫力が無いね。

この滝は冬になると凍る。
ついでに滝に行くまでの道には雪が厚く積り、
崖っぷちにつけられた手すりも雪に埋まってしまう。
冬にも何度か行ったけど、地元の人によると毎年レスキューされる人がいるらしい。
手すりが無いので山道から滑り落ちちゃうの。
流れる滝も凍った滝も大好きデス。

この辺りは温泉天国。
いっぱい温泉が湧き出してる。
山田温泉に蕨温泉、さらに奥には五色温泉、
そして一番奥にお勧めの七味温泉♪
白い硫黄系のお湯なので匂いに好き嫌いはありますが、
恵の湯、最高です・・。
ほんとは教えたくないけど、
あまりにも素晴らしいお風呂にだれも客がいなくて心配になったので、
ここでおすすめしておきます。
信州に行ったらぜひ高山村の恵みの湯へどうぞ♪
http://www.keizantei.com/furo/meguminoyu.html
この辺りのお風呂は全部良さそう。旅館もよさそうなとこばかりでした。

そしてしつこくおやき食べる。
小川村の縄文おやき。具だくさんの味噌汁つき♪
手ぬぐいほっかむりのばあちゃんが囲炉裏で焼いてくれます。

Cimg8440

長野の七二会(なにあい)のおやきもなかなかよい。
おやきは腹もちがよくて持ち運びにも便利。
この地方によく合った食べものだと思う。
でも関西人からするとかなり塩辛い。
何しろ味噌がたっぷり入ってるので、
農作業の合間に食べるのが一番おいしいだろうなと思う。

そして戸隠鏡池。
池一周する小道があり、なかなか面白い。

Cimg8458

それから戸隠には昔使われていた古道が残っており、
山の中に続いている。
古道歩きは楽しい。
山道に石畳が残っていたりして、
宮沢常一の「山の道」が愛読書のわたしとしては、
この道をどのような人が歩いてどのように暮らしてたのかと、
どこまでも歩いていって見たい気持ちになる。
だれもついてきてくれないのでなかなか行けないけど。
古道&滝愛好会に入会したいわ。

日本ではもうこんな古道や昔の農道なんかも廃れてしまっているだろうけれど、
ヒマラヤはまだまだそんな道が実際に使われいて、
山の中を移動して暮らす人々もいる様子。
知っている範囲ではみんな麦を作って暮らしていて、獣を食べている様子もないし、
どうも昔の日本の山の民・狩猟の民のような暮らしではないのかもしれないけれど、
いつか山奥の村にも行ってみることができたらと思う。

スワミジ・セレクト☆ヨガ音楽&マントラCDこちら
ANANDA ecoyoga
  http://homepage2.nifty.com/namaste/index.html



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

ヒマラヤ通信 いつもながらボレナート

ヒマラヤの学校ではこの夏、デリーからボランティアの青年が来てくれるそうです。
スワミジも初対面だそうです。どんな人か楽しみです。

School_boys_sm

去年、デリーからボランティアに来てくれた青年が、
家族と一緒に遊びに来てくれました!
お母さんやお姉さんたちも一緒に来てくれたそうです。
Picture_290
この方はふだんは企業で働いていますが、
なぜか学校へボランティアに来てくれて、
それこそ骨身惜しまず働きに働いてデリーに帰って行ったそうです。
ちょうどわたしたち日本人グループが来る直前だったので、
ゲストルームの掃除からお布団の準備までしてくれたとか。

それから、生徒たちにたくさんのお土産を持ってきてくださったそうです。
パズルやら、ヒマラヤでは見かけない教材も。
Picture_365

Picture_364

ゲストが来ると、みんなで運動会するのが恒例になってきたのか、
やっぱり綱引きしてます。
Picture_339

綱引きが始まると、必ずハッスルするランババです。
Games

そして運動会に退屈するボレナート君。
Picture_318

写真はぜんぶ、ドミニカ共和国からヒマラヤを訪ねていた、
マルセリ・マタジが送ってくださいました。

学校を介していろんな人が関わって、そこでいい時間が生れたら、
それだけでもう十分に価値があるなあ、と思います。

小さいアシュラムなので、こうやってゲストが来るたびに、
準備だって大変なのですが・・・

こういうことをすべて楽しむんだ、とスワミジ。
何でもかんでもストレスだなんて思うんじゃない。
いろんな人と時間を過ごすことを楽しみなさい。
失敗してもいいから、ストレスになることはやめて、
楽しみながら仕事をしなさい。
とワークショップ準備のことでお説教でした。

スワミジ・セレクト☆ヨガ音楽&マントラCDこちら
ANANDA ecoyoga
  http://homepage2.nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

南の島へ

ちょっと日記をお休みしている間に、南の島へ行ってきました。

Umi_2

うつくしい青色。

浜辺には流れ着いた木の実が芽を出し、根を張っていました。

Ki_2

島バナナが、驚きのおいしさでした。

Banana_2

普段食べてるバナナとは味が違って、すごくいい香りがするのです。
バナナパフェ食べるよりおいしい!

数年ぶりに訪ねた島でしたが、
いろんな人に出会って、元気が出る旅でした。

人それぞれ、好きな土地があると思いますが、
わたしの好きな土地は、故郷の京都と、この南の島かな。
他にも、旅をするなら郡上八幡や明宝村、会津、奈良も好きだし、今まで訪ねたいろんなところに、好きな土地があります。

一番よく行くインドは、好きとか嫌いとか、単純には割り切れない複雑な気持ち。
インドで一番好きなのは、牛や犬が自由にうろついている姿。

Ushi

ヒマラヤの村の水辺で、のんびり水を飲んでる牛。
この後、この水でばしゃばしゃと洗ってもらっていました。
生き物を眺めていると、いつまでも飽きません。

スワミジ・セレクト☆ヨガ音楽&マントラCDこちら
ANANDA ecoyoga
  http://homepage2.nifty.com/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

インド旅行記5 ゴパールさん

うちの家には、神棚も仏壇もないのに・・・
ゴパールさんがいます。

Gopalji

ゴパールさんは、クリシュナ神の子供のときの名前だとわたしは聞いているのですが、なんか記憶があやふやになっちゃった。でもとにかく、クリシュナさんと同じ系列の神さまです。
よくスワミジのアシュラムのサットサンガでも、ゴヴィンダ・ジャヤジャヤ ♪ ゴパーラ・ジャヤジャヤ ♪ と言って歌います。ゴヴィンダもゴパーラも、たぶんクリシュナさんの子供のときの名前・・・だと思います。

というわけで、ゴヴィンダさんとゴパーラさん、ゴパールさんは同一人物、というか同一神さま。牧神だそうです。牛飼いの家に生まれて、牛が大好きだったそうで、クリシュナ神の生誕地ブリンダーバンに行くと、牛が大変大事にされています。

毎回インドへグループ旅行をするとき、みんなが帰った後、スワミジのお供で向かうのが、この聖地ブリンダーバンです。

ブリンダーバンでは、ハリオーム!とスワミジ式に挨拶してはいけません。
なぜならここはクリシュナ信仰=ヴィシュヌ信仰の地だからです。
ご挨拶はラデラデ~と言います。
あんまり男性的な感じで言ってはいけません。
優しく女性っぽく「ラデラデ~」とご挨拶です。

スワミジは、ブリンダーバンに行くと必ず、
「ハリオームと言うんじゃないよ、ラデラデだからね。間違えないように。」
と、わたしに注意をされるのですが、
間違えて「ハリオーム!」と挨拶をするのはスワミジです。
「ハリオーム!」と言ってから打ち消すように
「ラデラデ~」と言いなおしているのを、何度も目撃しました。

ブリンダーバンのお寺でお世話になって過ごしていましたが、最後の日にお寺の司祭さんの一家からスワミジにプレゼントの箱が渡されました。

その中に入っていたのがこのゴパールさんです。手のひらサイズ。

みんなで、すばらしい、うつくしいゴパールさんだ。とってもめずらしい。すごい。と言っていますが、わたしには違いがよくわかりません。
ぼーっと聞いていたら、いつの間にやらゴパールさんがわたしのところにやってくることになっていました。

「日本に連れて帰って、ananda君の家で大切にお世話しなさい。」

絶対無理です!面倒見られません!!と言って何度も断ったのですが、インドを離れる日にわたしの荷物の中にゴパールさんを入れられてしまいました。

「毎朝沐浴と着替えをさせて、チャイをあげて、菜食の食べものをお供えしなさい。それから、撫でたり話しかけたりしていいよ。旅行に行く時は連れて行ってね。」

と、着替えのドレスを4枚、王冠やアクセサリーも、何種類も渡されました。

それ以来、スワミジと電話で話すたびに、
「ゴパールさんは生きてるか?ごはんもあげてる?」
とチェックが入ります。

なんとなく、仏壇にお供えをするような感覚で、毎日お茶を入れた時やごはんを炊いた時にお供えしてますが・・・生きてるかどうかは何とも???です。

スワミジからときどき指示が入ります。
「そろそろ寒くなってきたからセーターを着せてあげて。」

今度インドに行ったらゴパールさん用にセーター買わなきゃ。←ちゃんと売ってるらしい。


スワミジ・セレクト☆ヨガ音楽&マントラCDこちら
ANANDA ecoyoga
  http://homepage2.nifty.com/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

ディワリ

一昨日17日は、インドではディワリという光のお祭りの日でした。
ヒマラヤのアシュラムも、たくさんのろうそくをともしてライトアップしたそうです。
辺りの村は夜はまっ暗闇だから、ほんとに灯りがきれいでしょうね。
一度見てみたいけど、毎年この時期はインドに行けず。

インドからもHAPPY DIWALIのメールが何通も届きました。
色の祭り水の祭り光の祭り、それにそれぞれの神さまの祭り、
いろんな祭りがあって年中忙しいインドです。

こんなとき、スワミジが学校やアシュラムの様子を写真に撮って
送ってくださるのですが、
なんと今回日本からインドに帰り、デリーでほんの少し目を離したすきに、
車の窓ガラスを割られてカメラを盗まれたそう。
残念です。。。
せっかくヒマラヤに帰ったら、犬のクリシュ君の写真を送ってくださいと
お願いしていたのに!カメラがなきゃ写真が撮れない。
それに、京都ワークショップの写真のデータも一緒に盗まれてしまいました。
悲しいなあ・・・。

Cimg4146

2か月もスワミジと離れ離れだったクリシュ君は、
スワミジがヒマラヤに帰ったらぴょんぴょんと飛び上がって喜んだそうです。
なぜかスワミジがお土産に持って帰ったうどん(乾麺)。
ゆでてあげると、お皿に飛びついて食べたそうです。
クリシュ君、スパゲティとか麺類に目がないらしい。
小麦粉だったら毎日チャパティを食べてるのに、何がいいんですかねえ?

Cimg4163

今では毎日、朝夕のガンガープジャ(ガンジスへの祈りの儀式)に参加しているクリシュ君は、
たまにプジャの初めのホラ貝の音に反応してワオーンと吠えてしまうらしく、
みんなが吹き出してプジャにならないそうです。
そういう時は追い出されてしまいます。
ホラ貝もパオーンといい音しますからね。気持ちはわかる。

わたしが春にヒマラヤに滞在していた時も、
クリシュ君は必ずプジャに参列。
みんなと一緒にガンジス河を見つめていました。
アシュラムで生まれて暮らす不思議な犬です。

Cimg4096

スワミジ・セレクト☆ヨガ音楽&マントラCDこちら
ANANDA ecoyoga
  http://homepage2.nifty.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

クリシュ君のガールフレンド

ヒマラヤに住むドーベルマンのクリシュ君はもう2歳ちょっと、
そろそろ思春期?青年?おとな犬?

犬の年齢はよくわかりませんが、
最近クリシュ君のところをときどき訪ねてくる白い犬(雌)です。
ひょっとしてガールフレンドができたか?

Img_1481

ときどきクリシュ君を訪ねてくる犬がいるな、と思っていたら、
学校の横の空き地で行われた軍隊の犬&牛の品評会に、
飼い主に連れられてやってきたそう。
近所の村に住んでます。
椅子の下でじっとしていたお利口さん。

我らがクリシュ君はというと、
品評会で生まれて初めて見たたくさんの犬に驚いたのか、
静かに座っていたそう。
でも軍用犬のラブラドール(なぜ・・・?)が芸をする場面になると、
ガウガウ吠えて、軍の人にスワミジが注意されちゃいました。
「犬が怖がって芸を忘れるから吠えさせないで」って。
威嚇するのは大の得意です♪

Img_6203

カメラに向かってポーズもけっこう得意。

スワミジ・セレクト☆ヨガ音楽&マントラCDこちら
ANANDA ecoyoga
  http://homepage2.nifty.com/



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

また!スワミジの犬

今日は静岡もちょっとばかり寒かった。と言ってもまあ信州の11月に比べたらあったかいな~と思っていたら!これは12月波の寒さだったらしいです。冬もこんなものなんだ・・・と驚きました。わたしが信州→金沢で過ごしたあの厳しい冬は何だったの???

信州の冬・・・と言えば、まあ2月くらいの厳寒期の話ですが、洗濯物を干すと同時に凍ってパリパリになりました。一度屋外の排水管を凍らせてしまい、その時は来る日も来る日も気温がマイナスで、1週間くらい溶けなくて本当に困りました。ドライヤーやら熱湯やらいろいろやってみましたが、まったく効き目なし。

寒さは皮膚の表面が凍りつく感じで、ほっぺたの毛細血管が切れるらしく、赤い斑点がほっぺたに出たりします。けっこう怖い・・・。温泉では露天風呂に入る前に髪の毛を洗うと、お風呂に入ってるのにもかかわらず濡れた髪の毛がシャーベット状に。

とにかくあれに比べたら、こんな気候だと生ぬるくて気持が悪いほどですが、きっとすぐに適応しちゃってコートを着たりするようになるのかな。

さて、インドのおられるスワミジに、先月の仙台でのワークショップのときに撮った集合写真を送ってください、とお願いしていました。届いたメールを待ってましたと開いたら、またワンコでした。なぜですか?!

Kurishkun2

 

 






前回は犬小屋から鼻の頭だけのぞいていましたが、今回は全身像です・・・。そういえば以前、メールにも年賀状にも何もかもに愛犬B子ちゃんの写真を添付して送ってくる人がいたなあ~。ね、犬と会話ができたおじさん@安曇野さん。

このクリス君は短毛種なのでヒマラヤの冬が越せるのか心配。ドーベルマンですがピュア・ベジタリアンです。生まれてずっとアシュラム住まいなので、正真正銘のベジ犬。好物はマンゴ。そのせいかどうか、どうも気弱なようです。

スワミジ・セレクト☆ヨガ音楽&マントラCDこちら
ANANDA ecoyoga
  http://homepage2.nifty.com/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

スワミジの犬

スワミジのところに今年の春にやってきたドーベルマンのクリス君。
クリシュナ神のクリスなので、綴りはKrishです。
スワミジが作ってあげた犬小屋には、彼の大事なものが全部隠してあるらしい。
スワミジのサンダルとか、バドミントンの羽根とか。
そして窓(?)からいつも鼻を出しているらしいです。
めっちゃかわいい!鼻水垂れてる~。

Krishkun

 








クリス君は、基本的にひもでつながれたことがなく、自由に走り回っている幸せな犬です。まあ基本的にインドでつながれている犬なんて見ないんですけど。牛だってつながれてないです。
が、彼は一人でお出かけするのがきらいなので、アシュラムと学校の敷地からはあまり出て行かないらしいです。怖がり?
そして、首輪に鎖をつけると大喜びするんだそうで・・・。鎖をつけると誰かと一緒に外にお出かけできると思っているようで、鎖をつけたら飛び跳ねて喜びらしい。変な犬です!

仙台でのワークショップで、最後にスワミジのカメラでグループ写真を撮ったのですが、その写真を送ってください、とお願いしたら(←またパソコンに移すの忘れた!)、この犬の写真が送られてきました。ワークショップの写真はなかった・・・。仙台のみなさま、気長にお待ちください♪

スワミジ・セレクト☆ヨガ音楽&マントラCDこちら
ANANDA ecoyoga
  http://homepage2.nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

謹賀新年!

このブログを読んでくださってるみなさま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2007年の大晦日は、なぜか大阪は心斎橋に行きました。大阪の人は本当によくしゃべります。全員お笑い芸人みたい。入った中華料理屋で、他のテーブルの客がしゃべくってるのを聞いてるだけでも笑えます。はにかむとか遠慮するとか、そういうのと無縁に、延々とおしゃべりと爆笑が続いていきます。

すぐ近くなのに、おとなり京都だとそんなことありません。全国的に見れば、大阪も京都も関西なんですけれど、コミュニケーションのとり方がぜんぜん違うので、大阪の人と話すといまだに戸惑うことがあります。何もそこまで言わなくても・・・と思うようなキツい一言が多くて、ついていけません。でも大阪の人からしたら、京都の人間は遠まわしで何が言いたいのかわからないらしい。確かに京都の人は遠まわしなことを言うので、常に言葉の裏を読みつつ相手と話すクセがついてしまいます。こういうのは外に出てみないとよくわからないもんですね。

わたしはそんな微妙な違いを通り越して、ぜんぜん文化圏の違う信州に長く住んだので、最近は関西人は総じておしゃべりで人との接し方に長けている、と思うようになりました。実際、関西の人との関わり方には文化を感じます。

金沢に帰ってくる途中、北陸道に入ると、高速から海がすぐそばになります。すごい迫力です、冬の日本海!高速を降りて海のそばまで行ってみました。車を降りたら、ものすごい水しぶきと風で、じっとしていることができません。でもチラッと見たうねる冬の海と打ちつける波と、雲が風でめちゃくちゃに引っ掻き回されたような空と、ひとすじ光が差しているのを見て感動。

これは冬の能登半島に荒れる海を見に行かねば!

今年一年、いいこといっぱいの年になりますように。

スワミジ・セレクト☆ヨガ音楽&マントラCDこちら

ANANDA ecoyoga  http://homepage2.nifty.com/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

シェイクスピア

ひょんなことから、シェイクスピアの年表をスミからスミまで読みました。わたくし、シェイクスピアの作品を一つも、まったくもって読んだことがありません。あちこちに出てくるシェイクスピアと関わる人物や貴族たちの名前を見ていたら、わたしの大好きな坂田靖子のマンガ「バジル氏の優雅な生活」の登場人物の名前がいっぱいでてきます。そうか、シェイクスピア好きだったのね。

わたしは、この坂田靖子さんのマンガが好きで、ほとんど全部集めて持ってるのですが、わたしの友人たちは誰一人として、このコレクションの価値に同意してくれません。何がおもしろいのかわからない、と言われてます。全然おもしろくないと言う人もいます。
しかし、ぬいぐるみは一つも持っていないけれど、その代わりにもうえらく長らくわたしのベッドのお供をしているこのマンガたち、どの話も既に50回ずつは読み返しています。わたしにはめちゃめちゃおもしろいです。
それに、こうなったらもうページを開くことに意味があるのです。10数年以上にわたる習慣です。お布団に入って、坂田靖子マンガのどれかを開いただけで、数分後には爆睡(たぶんマンガを開かなくても寝てるけど)。そして、楽しい夢を見ること間違いなし。あまりにすぐに寝てしまうため、朝起きたら布団の中からクシャクシャになったマンガが出てくることも・・・。

金沢に引っ越してきて、ひそかに夢見ていること、それはどこかでバッタリこの坂田靖子さんに会ったりして~ということ。金沢在住らしいのですよ。こんなに長くわたしに安らかな眠りを与えてくれているマンガの作者、一度くらい会ってみたい。わたしの会いたい唯一の有名人です。でも、もしバッタリ会っても、お顔を知らないのでわかりません。ひょっとしたら、もう既にその辺で会ってるけど気付いてないかも!ああ、これじゃ永久に対面できない。

スワミジ・セレクト☆ヨガ音楽&マントラCDこちら

ANANDA ecoyoga  http://homepage2.nifty.com/namaste/
天然ゴムと麻でできたヨガマット!

| | コメント (2) | トラックバック (0)