2010年7月30日 (金)

カヤック記録写真

犀川でカヤック。
せっかくだから写真を載せておこうっと。
中流域の途中にあるウェーブに乗るクロスゾーンsatoluさん。

Imgp0041_2

万水川から上流部を下ると途中で穂高の大王わさび農場に寄り道できる。
変なかっこだけど、カヤックから出てうろつくとどうしてもこんなふうになる。
大王のワサビソフトクリームとワサビコロッケをわけっこ。

Imgp0013_2

 

ワサビのあとはsatoluさんのバウステ。
安曇野でカヤックがしたい人はクロスゾーンへどうぞ♪

Imgp0006_2

 

クロスゾーンに戻っての宴会では一緒に下った川の話とか、いろいろ。
(だいぶアホになってるので、写真は小さめに♪)

Photo_11

増水した高瀬川を下った時の、岩のころがる音の話とか。
ヘルメットに、ある日アリが巣をつくってびっしりと卵を生みつけてた思い出とか。(持ち主はその後、「ナニコレー!」と言いながら卵を手でこそげとって、そのままそのメットをかぶって川に遊びに行ってた。。。ほんとに気持ちが悪かった。)

わたしは夜が弱いので、真っ先に寝てしまったけれど、
朝起きたらもうみんな生坂ウェーブに波乗りに行っていた。
6時にわたしも一度起こされたものの、そのまま寝てしまったらしい。
みんなえげつない体力だと思います。
わたしも次回までにもうちょっと鍛えなおしておきます。

せっかくなので古いカヤック写真をいくつか!
そういえばあまりカヤック写真を載せたことがない。ぜんぶ信州。
ちなみにわたしの写真はアリマセン。なぜなら撮ってるのがワタシだから。

生坂ウェーブ 週5でこのウェーブで練習してました(?!)

Photo_6

 

籠川スタート地点。わたしのお気に入りダウンリバー。

Photo_7

スタートするとこんな感じ。ウォータースライダーです♪
Photo_8

高瀬川下降。 
雨で水が濁ってますが、雪解けのころは笹色の水がきれいなのです。
Photo_10

スクウォート。
舌平目みたいなボートに乗って、水の中に沈む遊びです。
Cimg0464_2

これをちょこっとやろうとして、わたしは右肩を亜脱臼。
長い間整形外科に通うハメに・・・。

そしてこれは安曇野。こんなところに住んでました。
田舎暮らしに格別の憧れはありません!
なにしろ言葉では表現できないほど冬寒い!!
寒いというより痛い・・・。

Cimg2872

でもそのぶん春がきれい。

スワミジ・セレクト☆ヨガ音楽&マントラCDこちら
ANANDA ecoyoga
  http://homepage2.nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

秋なんかきらいだ

 去年も同じころに同じようなことを書いていましたが、わたしは秋がきらいです!なぜなら夏が大好きだから。そして冬が大きらい。夏から冬に移り変わっていく秋がきらい(ごはんはおいしいけどね)。

Frozen  大好きな夏が終わっていくと思うだけで憂鬱です。夏が大好きな分、余計に冬がうとましい。特に信州の冬は最悪!以前住んでいたボロ家では、毎朝台所のスポンジからツララがぶら下がっていました。朝起きたらまず、ツララをぽきんと折って、お湯でスポンジを溶かします。洗濯物も、干したらすぐにカチンコチンになります。カチンコチンのままフリーズドライで意外と乾きます。(写真は凍った滝とカヤック&ヨガ友ヘザー)

 ここは白馬も近いしウィンタースポーツ天国だから、スキーを好きになろうと何度も練習しましたが、どうしても好きになれず。スノボに関しては、教えてくれたカヤック仲間チャド君が、コケる度に固い雪の玉をぶつけるので痛い思い出しかありません。

 不思議なことに、こんなに寒いのがきらいなのに、カヤックは2月以外は休みなしにやってたのですよね(ここ2年はやってませんが)。真冬の川で水遊びです。気温がマイナスになってることもあります。キチガイ沙汰ですね。

Photo_4 一度、3月に長野と新潟の県境、去年大雪被害で話題になっていたあのあたりの信濃川を下りに行きました。雪解けの時期は川の水が増えるので、とっても楽しいのです。豪雪地帯ですから当然河原にはまだ雪がいっぱいあります。でも大丈夫、川の土手の上でカヤックに乗りこみ、雪の斜面を「うひゃー!!!」と叫びながらザザーッと滑り降りて、ドボンと川へ。雪がなかったらボートを担いで降りなければいけないので、これは楽チンです。そうして川下りを始めました。水量もよくてめっちゃ楽しい♪(写真は籠川)
 ゴール地点へたどり着いてからハタと気づいたのは、スタートでは滑り降りた分の斜面を、今度は登らなければいけないということ。誰か最初に気づけよ~。岸にボートをつけ、雪の中に降り立ってボートを担ぎ、一歩雪の上に踏み出したらズボっと腰まで沈む・・・。15キロほどのボートを担いでいるので余計に沈む。もう一歩踏み出してズボ。ちっとも前に進まない。しかもウェットスーツは濡れてる。濡れた身体で雪に埋まって、全員不機嫌に口をきかなくなり・・・・どれくらい格闘したかわからないけど、最終的には何とか土手までたどり着いたのでした。死ぬかと思った。
 スワミジにはよく「カヤックなんてやめなさい」と言われています。

 夏の安曇野はさすがによいなあと思いますが、冬の信州はいただけません。唯一の例外は雪見の温泉。極楽です。

スワミジ・セレクト☆ヨガ音楽&マントラCDはこちら

ANANDA ecoyoga mat http://homepage2.nifty.com/namaste/
天然ゴムと麻でできたヨガマット!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

久々のカヤック@安曇野

 カヌーとカヤックの雑誌カヌーライフの取材があって、ひっさしぶりに川に行きました。放置していたわたしの愛艇キングピンの中は枯葉とクモの巣がいっぱい・・・かわいそう。万水川→犀川のコースは、途中ワサビ田のそばを通るとても景色のきれいなところで、初心者にも危ないところがなくて楽しい川です。
 八坂村にあるカヤックとアウトドアのクラブクロスゾーンのサトルさんと、静岡でもうすぐアウトドアクラブスプリングフィールドをオープンするトッシーも一緒。他にも久しぶりに見る顔やら初めて見る顔やら、安曇野の川は大勢の人でにぎわっていました。

 スタート前にちょっと上級者用の高瀬川の水量をネットで見たら、ダムからけっこう放水していていい水量になってる!そっちにも行きたい~けど、今回は取材。なので素直に犀川下りです。

 スタート地点では長野のカヌークラブあどむの団体と一緒になり、途中では近所のカヌークラブマイシーズンの仲間と会って合流。明科の龍門淵公園では、スラロームのコースを下って撮影。わたしはそのコースをトッシーとレースして気合で勝ち(?)、もといスタート地点でトッシーを突き飛ばして反則勝ち。来年は草大会にでようっと。 

 やっぱりカヤックは楽しいです。夏はお日様にあたって風に吹かれて、暑い時は川に飛び込み、子供みたいに遊べるのは幸せ。朝からずっと川で遊んで、夕方にふらふらになって川から上がると、小学生のころの夏休みを思い出します。大人になっても同じように遊んでるとは思わなかったなあ。

 安曇野でカヤック体験をしたくなったらクロスゾーンのサトルさんがスクールしてくれます。いろんなワザを教えてくれますよ。犀川はカヌーライフ秋号に紹介される予定。

ANANDA ecoyoga mat http://homepage2.nifty.com/namaste/
天然ゴムと麻でできたヨガマット!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月25日 (木)

カヤック

わたしのもう一つの趣味はカヤックです。

この7年ほどは週末といえば必ず川に行っています。

といってもこの二ヶ月はヨガばかりで全然漕いでいませんが。

カヤックといってものんびりドンブラコと川を下っていくというよりは、

波のあるところに行ってサーフィンをしたりするのです。

先日久しぶりに波乗りに行って気づいたこと・・・・それは波に乗っている時の感覚と、

メディテーションをしている時の感覚がそっくりだということ!

よくスワミジが「何をやっている時でもメディテーションになる」と言っていますが、

座って目を閉じてるときだけじゃなくて、カヤックで波乗りしてる間にも

メディテーションをしているのですよね。

バランスだけじゃなくて、何かに集中しているときは全部メディテーション。

でも意識ってちゃんと集中しないと、何をやってても散漫になりがちです。

メディテーションって意識を集中させるためのすごく良い訓練なのだと思いました。

体も柔らかくなって怪我をしにくくなるし、スポーツやる人にヨガはおすすめ!

ANANDA ecoyoga mat   http://homepage2.nifty.com/namaste/

| | コメント (4) | トラックバック (0)