« ヒマラヤ災害援助 | トップページ | ヒマラヤの学校 »

2013年7月28日 (日)

ヒマラヤの水害その後

祇園祭、どーでもいいとか書いてましたが、
実はちゃんと見に行きました。
行者山で、山伏さんたちが集まり護摩をたいていて、
ホラ貝を吹きならしてかっこよかったです。
こんな行事があったなんて、全然知らなかった。
ま、平日の昼間の話ですから、
なかなか見に行く人も少ないのかも。

前回の寄付金の件、送金完了しました。
依頼のあったみなさんには、直接報告メールをしました。
万が一にも届いてなかったら教えてください!

インドはまだ雨期です。
ヒマラヤの道路や橋は、前回の大規模被害のあと、
補修や再建が続いているのですが、
雨が降ってまた崩れたり通行止めになったり、
学校よりもっと上流部分の道路が川によって削られてきたり、
被害はかなり長引きそうな様子になってきました。

ヒマラヤには氷河が融解してできた氷河湖がたくさんあると言われていて、
それが決壊したときに津波のように木や岩を巻き込んで、
麓の村々を押し流す危険があると、
以前ドキュメンタリーで見た記憶があります。
今回のケダルナートの土石流は、そういうことと関係があるのでしょうか。

今年は雨期の前の異常な高温で氷河が溶け、
雨が降る前からガンジス川がかなり増水していたので、
雨期に入ったら危ない・・・と警戒していましたが、
その通りになってしまいました。
みんな元気にしているだろうか・・・。
ゴハン食べられてるのかな。

ANANDA ecoyoga http://homepage2.nifty.com/namaste/index.html 

|

« ヒマラヤ災害援助 | トップページ | ヒマラヤの学校 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130603/57879148

この記事へのトラックバック一覧です: ヒマラヤの水害その後:

« ヒマラヤ災害援助 | トップページ | ヒマラヤの学校 »