« ヒマラヤの洪水 | トップページ | スワミ・チェータン師 ワークショップ&サットサンガ2013 »

2013年7月 4日 (木)

北インドの洪水被害

日本ではもうあまり報道されていませんが、6月16日に起こった北インド、ヒマラヤでのモンスーンによる洪水は、大変な被害でした。
この80年で最もひどい豪雨だったと言われています。

今回もっとも大きな被害があったのはケダルナートだったようですが、ウッタルカシから北、聖地ガンゴトリまでの区間でも、本当にたくさんの村が流されたそうです。
ガンゴトリはガンジス川本流の源流です。

民間(TATAの救援チームなど)が現地入りした情報を見ると、ウッタルカシ近辺の120の村々が、完全に破壊されたとのこと。
TATAの援助で女性のヒマラヤ登山家たちが現地入り、軍がたどり着くことができなかった奥地の村々に行って、食料や薬を配布する活動をしたという地元メディアの記事がありました。
ウッタルカシの町はゴーストタウンのようだったと書かれていました。

記事によると、彼らがたどり着いたNew Didsariという村、私が毎年滞在しているヒマラヤの学校から数キロ北に行ったところですが、そこだけで55家族が家を流されていたそうです。
周辺の村を合わせると、400以上の家族が家を失っていました。
道路と村をつないでいた唯一の橋も流され、何の救援も受けられないまま。
電気も水も食べ物もなく、多くの村人が下痢に苦しんでいました。
その奥の村に行くには、険しい山道を上るしかないのだけれど、その道が破壊され、ヘリコプターも入ることができない地域であるため、救援物資の届けようもないとか。

ヒマラヤの村々の住民たちも大変な被害だったのですが、この辺りは巡礼地で、そして6月は巡礼シーズンのピークだったので、大勢の巡礼が周辺地域に滞在していました。
ガンゴトリからウッタルカシへの道路は本当に跡形もなく崩れたというか、流れ去ってしまった箇所がいくつもあり、多くの人がウッタルカシに戻ることができず、慣れない山道を食べるものもなく歩いて、大変な惨状だったようです。 


ウッタルカシからさほど遠くないスワミジのアシュラムや学校でさえ、両隣の村への道路がなくなり、完全に孤立しています。
道路が再建されるには半年ほどかかるかもしれないと、政府から言われています。

日本でみられるニュースでは犠牲者は1000人といわれていますが、ハリドワールに、たくさんの犠牲者がヒマラヤから流されてきているそうで、現地では死者・行方不明者が25000人にもなると言われています。(その後のニュースで死者900人不明者3000人超と報道がありました。)
なぜか数字のことになると、インドでは、
正確な情報がどれなのかわからなくなるんですけれど・・・

ヒマラヤで立ち往生していた人たちは救助されたと報道されていますが、これから地元では、感染症のパンデミックが心配されるのと、大勢の人が家を失ってしまったし、それから仕事も失うことになるでしょう。
最近の巡礼ブームで、ここ数年で驚くほどゲストハウスが増えていたのですよね。
インド政府もこの地域への旅行を避けるように言っていますし、人が戻ってくるまでには時間がかかるでしょう。

スワミジも、災害から2週間経ってやっとヒマラヤに戻ることができました。
ヒマラヤの学校も、スクールバスが通れず、先生も生徒も、学校までの道が崩れてしまったので通うことができません。
当分閉校されたままになります。
今学校に行くには、すぐそこの村から数時間かけて山道をトレッキングするしかないのです。

現在、学校の先生が一人と、生徒数人が家を流されて避難生活をしています。
服も家具も何もかも流されて、家も土地も失いました。

また、家は流されてないけれど、危なくて家に戻れないスタッフも2人います。
洪水以来続いている停電も、復旧のめどが全く立っていないようで、みんな明かりのない生活が続いています。
どのみち通常でも雨が降ると停電が多かったし、停電にはみんな慣れてるかもしれないけれど!

私が現地入りしても何の役にもたたないどころか、お荷物が増えるだけだろうから、現地には行きませんが、とりあえずできる支援をしていこうと思います。
ほんと、自然災害とはいえ・・・悲しいことです。

犬のボレちゃんは、当たり前ですが、災害なんて関係なく、毎日大変元気に遊んでおります。


ANANDA ecoyoga http://homepage2.nifty.com/namaste/index.html 

|

« ヒマラヤの洪水 | トップページ | スワミ・チェータン師 ワークショップ&サットサンガ2013 »

コメント

突然訪問します失礼しました。あなたのブログはとてもすばらしいです、本当に感心しました!

投稿: プラダ 財布 | 2013年7月28日 (日) 03時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130603/57721523

この記事へのトラックバック一覧です: 北インドの洪水被害:

« ヒマラヤの洪水 | トップページ | スワミ・チェータン師 ワークショップ&サットサンガ2013 »