« ヒマラヤ・ガンガー氾濫再び | トップページ | 北インドの洪水被害 »

2013年6月24日 (月)

ヒマラヤの洪水

インド北部の豪雨被害は、昨年の洪水被害よりもひどいようです。
死者数百人と発表されていますが、
行方不明者は一万人を超えているという記事も。
巡礼地ですから旅行者が多いし、
それにその中には放浪しているサドゥいるでしょうし、
行方不明者の数なんて把握するのは難しいだろうなあ。

昨年はガンゴトリ近くの被害が大きかったのですが、
今年はケダルナートに大きな被害があったようです。
ガンゴトリへの道中にあるスワミジのアシュラムは今のところ無事ですが、
道路が寸断されているので食料が不足しているようです。
でも学校スタッフも生徒たちも無事だと聞いているし、
アシュラムに住む老ババジは、
毎日飛び交う救助ヘリを眺めて暮らしているそうです。

ヒマラヤのこの地方はガルワール地方といって、
地域の人々はガルワリ語を話します。
なぜか、日本のインド料理屋のコックさんは、
このガルワリ人が多いです。
スワミジがあちこちでインド料理屋さんに行くたびに、
コックさんとお話ししてガルワリ人ばかりなことに驚いておられました。
えーっと、格別料理が得意な地域ではありません・・・
ちょっと不思議。
ラジャスタンとかベンガルとか南インドならわかるんだけど。
いろいろおいしいごはんがあるし。
まあ、山の人々のちょっと恥ずかしがり屋な雰囲気が
日本人に馴染みやすい感じなので、そういう理由なのかもしれない。
中国との国境に近いこの地域はまた、亡命チベット人がとても多いです。
ネパール人も国境を越えて大勢暮らしています。
ヒマラヤで出会ったたくさんの顔を思い浮かべながら、
遠くで心配するしかできずにいます。

これからヒマラヤは雨期に入ります。
雨がゆっくりと降ってくれますように。
みんなが怪我をしませんように。
飢えることがありませんように。

ANANDA ecoyoga http://homepage2.nifty.com/namaste/index.html 




|

« ヒマラヤ・ガンガー氾濫再び | トップページ | 北インドの洪水被害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130603/57655997

この記事へのトラックバック一覧です: ヒマラヤの洪水:

« ヒマラヤ・ガンガー氾濫再び | トップページ | 北インドの洪水被害 »