« インド旅行記3 ウッタルカシ | トップページ | インド旅行記3 働く動物 »

2008年6月16日 (月)

インド旅行記3 ヒマラヤにて

さて、インド旅行記3の続きです。

旅行に出発する前に、ヒマラヤはとっても日差しが強いので、紫外線対策を!とみんなにしきりに注意していました。何しろ標高が高く空気が澄んでいるので、去年はまるで肌が煤けたような日焼けになったのです。まぶしくて目が痛いほどでした。

それなのに~今回ずっと雨だったんです。せっかく用意してもらった帽子もサングラスも日焼け止めも必要なし。

そして、雨が降るとヒマラヤは寒い・・・。デリーでもハリドワールでもすごく暑かったのに、ヒマラヤでは朝晩になると息が白いのです。
わたしはこういうことには慣れてるので、持ってきた服をスパッツもシャツもTシャツも可能な限り重ね着して対応。寝るときもジャケットを着たまま、タオルを首に巻いて靴下を履いて寝ます。

でもほかのみんなはものすごく薄着で寒そうだったのでした。これには反省。もっと防寒対策のことを前もって言うべきだった。でも晴れるとヒマラヤも暑いのよね。山の天気はむずかしいです。

Hawana到着した次の朝、浄化の儀式ハヴァナを行います。ガンジスのほとりの祭壇。ちょうどこのときは晴れていました。よかった♪次々に神様の名前を唱えながら、「スワーハ」と言って火の中に日本でいう抹香みたいなものをくべます。スワーハがどういう意味なのか、聞くのを忘れました。今まで何度も何度もこの儀式に参加しているけれど、意味を考えたこともなかったなあ。なんとなく「どうぞお願いします」という気持ちになるので、そういう意味かな、と勝手に思っています。(←おみゃーさん教えて!)

そしてヒマラヤに滞在中は多くの時間を学校で過ごしました。
朝に生徒たちがスクールバスで登校してきて、朝礼が始まります。校長先生が真面目に勉強しなさい!きちんと生活しなさい!とけっこう厳しいことをみんなに言ってます。英語で。絶対に低学年の子は意味がわかってないな。わたしたちのほうを怪訝な顔をして見つめています。なんだか怖がってるみたいで、笑いかけてもじーっとこちらを見るだけ。

Danceお話の後はバガヴァットギーターのチャンティング。
そして、わたしたちへの歓迎の催しが始まりました。歓迎の歌を歌って、クリシュナとラーダに扮した子供の周りをみんなで踊ります。写真は毎度おなじみのM・Sちゃん撮影。

もうめちゃめちゃかわいいです。
そもそもこの壁だって窓だって、去年来た時はまだできてなくて、建設中なんだか取り壊し中なんだかよくわからないほど混乱した工事現場でしかありませんでした。
それがこんなに子供がいっぱい集まって、にぎやかになって。
そう思うと泣けました。

その後、みんなで子供たちにお菓子を配りました。ラドゥという甘い甘い揚げ菓子です。お菓子をあげると一気に子供たちの警戒が解けました。そしてお仲間の一人が持ってきてくださったゴム風船を配った頃にはもう大喜びで、みんなにこにこ、さっきまで怖いものを見るような目でじーっと見てたのに、途端にわたしたちに手を振ってキャーキャー騒ぎます。
スワミジが「お菓子のパワーはすごいんだよ」と言っていたよく意味がわかりました。

スワミジ・セレクト☆ヨガ音楽&マントラCDこちら

ANANDA ecoyoga  http://homepage2.nifty.com/

|

« インド旅行記3 ウッタルカシ | トップページ | インド旅行記3 働く動物 »

コメント

ヒマラヤへ行きたい病が加熱しています。
どうしてくれるんだ(笑)

さて、スワーハですがスヴァハでしょうね
有名どころではガヤトリーマントラ
オーム・ブール・ブヴァハ・スヴァハ
日本語では大辞林によると
「幸あれ、祝福あれ、といった意を込めて、陀羅尼・呪文などのあとにつけて唱える語。」
だそうです。

用例
般若心経:ぎゃーてーぎゃーてーはーらーぎゃーてーぼーじーそわか
地蔵菩薩の真言:おん、かかか、びさんまえい、そわか
薬師如来の真言:おん、ころころ、せんだり、まとうぎ、そわか
観世音菩薩の真言:おん、あろりきゃ、そわか
不動明王の真言:のうまくさんまんだ、ばざらだん、せんだん、まかろしゃだ、そわたや うんたらた、かんまん

投稿: おみゃー | 2008年6月17日 (火) 05時33分

間違いcoldsweats01
ぎゃーてーぎゃーてーはーらーぎゃーてーはらそーぎゃーてーぼうじーそわか
ぢゃん

投稿: おみゃー | 2008年6月17日 (火) 05時36分

おみゃーさん
さっそくありがとうございます!それにしてもマニアックな世界ですね。ハヴァナもプジャもそうですが、おみゃーさんが受けたら泣くと思うな。今度ぜひ10日ほど休暇を取って来てください。無理?

投稿: ananda | 2008年6月17日 (火) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130603/41508376

この記事へのトラックバック一覧です: インド旅行記3 ヒマラヤにて:

« インド旅行記3 ウッタルカシ | トップページ | インド旅行記3 働く動物 »